スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
詩 と ポエム
錯覚で遊び合うのがポエム。

全覚と愛し合うのが詩。

この大いなる隔たりを、日本語話者なら理解可能だろうか。



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
スポンサーサイト

Theme: 言葉 - Genre: 小説・文学

【2006/05/17】 | Poetics | 詩論 | trackback(0) | comment(3)
「有り触れた詩」の考察としての詩論
要約すると以下の如し。
「命が芽生え、生が花のように咲き誇り、やがて散り、朽ちる。」
ものによっては新世界の創世というほどの意味で「また芽が出...」というように展開される。
ここで表現される観念において、特に絶頂から絶命までの過程を焦点として「花火が弾け、散り散りの火花は闇に吸い込まれて」といった具合になるものも、ままある。

凡俗な比喩表現は、詩の鑑賞者が失われていく原因のひとつと言える。
消費すべきものがなく、希望ももてない表現者群にまごついていられるほど、お人好しではないというのが平均的鑑賞者の実際だ。


生の過程を花の一生に擬えることは、有り触れた手法だが、廃絶されるべきものとは言わない。

一般に、生を花と見立てるときには、その生に、上弦型と見なし得る起伏の盛衰を見出さねばならず、これは人生の全面を微視的に観察し尽くすなら、まずあり得ないことと言っていい。
生のあらゆる側面は、複雑な起伏を描き、それらを(ときにいくつかの、いや、都合の悪い多くの波を無視し)たった一筋の弧として統合したなら、そこには「花」を見ることも出来ようが、生に真摯に向き合うならば、生は「花」では手に余る。「花火」など以ての外だ。

詩とは、ただ理想的な世界を展開すれば善しとされるものだったろうか。
確かに、生のごく単純な比喩として「花」は有用でもある。誰にでもよくわかる。「取りあえず、わかりやすい形で示し、詳細は後に語る。いや、多くは無視するだろう。」こういった見込みで使われる「花」なら、それは「正しい」比喩だと言える。
だが、単なる「比喩」ではなく「詩」を名乗るのなら、例え「花」を用いるとしても、そこには「機微」や「意表を突く真理」が含まれていなければ実も無かろう。

詩とはそもそも「手掴みできるもの」であってはならない。
それに十分な想像力を「持っている」だけで手に収まってしまうものでは、それはその鑑賞者にとってはただの「比喩」か「随筆」でしかない。
また、詩は単なる「分析結果」ではない。
いかに全面を微視的に完全に分析し尽くしたとしても、それが一対一に把握されてしまうのであれば詩ではない。
「余力」を持たない詩は詩ではないのだ。

「花」は、比喩として生を語るには不足している。
だが、「詩」として生を語るならば、「花」には「自由」がある。
「花」は、あの「花」でなくともいいのだ。
あの「花」そのものでもなければ、単純化された「花」でもない。「花」を越えた「花」であれば生を語り得るかもしれない。

現象と形而上が接する領域を言葉の上に「落とす」のが詩人だ。

詩人が生-一面的であったり巨視的であったり、丸められていたとしても-を「花」で表現するとき、そこには「花」を越えた「花」がなければならない。

Theme: 詩論 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/14】 | Poetics | 詩論 | trackback(1) | comment(3)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。