スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
世界は
簡単と誤解に満ちている。

それだけのことだ。
スポンサーサイト
【2005/09/20】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
存在の耐えられない軽さ
君の無邪気で幸福な日常が、俺を殺すのだ。
君は俺を生かす術を知らず、生かそうとしたこと、命を顧みたことさえ、ついぞ無かった。
君が悪戯にこしらえた檻のなかで俺は、君を見詰め、君を想い、たまに振り向いた笑顔を除いては、常に重苦しい闇が覆い被さり、俺の死に体を喜んだ。
否、あの笑顔こそが、闇の本性であったろう。

熊さん。
俺は、「私の一番大切な熊さん」でしかなかった。
少女こそが、悪魔だ。

俺は、俺を想っては、全身に吐き気を催す。

嗚呼、俺が本当に作り物で、何か、どこかしらにジッパーだとかがあって、裏返してしまえたら、死んで仕舞えるのに。
俺は、俺の、ねじ切ることのできない命が、憎い。

俺は、生かされてなどいない。
望まれた死地での絶え絶えの歩みを、さあ、死ねよ、と、小突かれ続けているのだ、その笑顔に。
俺が、俺の輝ける命によって、何か・・・失われた何かを、繕えるはずの何かを、信ずることを止められないのだ。


実際、俺はよく愛した。
あのおぞましい笑顔を奪い得たことなど、一度たりとて無い。
彼女は、幸福なのだ、俺が俺であるために。

どれほどの観念が、互いの意識を支配し、どれほどの言葉が、互いの空白を埋め抜かんと放出されていったろう。
どれほどの愛が、彼女に降り注ぎ、どれほどの愛が、一個の人間を否定したろう。


彼女の悶絶が、俺に心臓ごと染み出せてしまう程の空虚をおしえる。
彼女の囁きが、決定的に欠け落ちた歓びに震え上がらせる。
彼女の身体が、彼女は筺で俺は容れ物ですらないことを連続して、刺激するから、徹底的な絶望が、オルガスムの醍醐味となる。


俺は、生きよう。
生きて、存在・・・いや、存在感を、取り戻すのだ。
俺は、そういう意志を忘れることも、できない。

彼女は、俺を愛している。
誰より深く、愛してくれる。

俺は、彼女を愛している。
誰より深く、愛している。

分かり切っている。


...postscript

Theme: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/20】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
優しい慰め
優しさと輝きを取り繕った慰め、という奴が憎い。
君はそういった言葉を「深淵への決死のダイブはやはり泡沫と消える、塩湖に浮かび波を寄る辺に循環してゆくのが君の分だ」と読み替えるべきだ。
君は、劫火のなかでも気化しまいと瞬くぎりぎりの良心を、いよいよ重力崩壊へ向かう天地を治めんと、否、今こそが新天地創造の濫觴、その好機なのだと迸り出る知性を、「余りにも無思慮な」言葉によって、最善から最悪への価値転換として、単に箱庭内の遊びだったと、たったひとつの点ほどの、ほとんど無意味な一過程として消失させてしまうのか?

君は、大衆迎合も、鈍物化も似合う人間ではない。
いま君の地平には、草原や小河よりは泥土が広がり、開拓を進めるよりは豊かな水辺へ、否、水そのものへ逃げよと言う人間のあるのも、大衆に於いては当然だろう。
だが、君の泥土には、見よ、どんな人間の「美しそうな」言葉よりも美しい輝きを秘めた数多の原石が、君を、「ここにこそ君はある」と手招いているではないか。
君の痩せた天地は、一度痩せきることを欲し、それでもなお残った、否、生成の為にそれを必要な過程とした美なるものを核とした君にのみ許された新天地を、望んだのだ。

君がこの善なる過程を選択するということは、一度、天地を殆ど破壊し尽くすことになろう。それは、他のどんな事象よりも君に張り裂ける実感を与えるものかもしれない。
だが、君は、今、それをやるべきなのだ。
今この好機を逃したなら君は、次は何年先に訪れるかわからないそのときまで、飢餓と底冷えがする夜を忍び続けることになろう。


私は、君に、軽妙に舞うための関節と、図太くなく然し欠けることのない骨格と、強く精確に突き入れるための筋肉と、絶えざる生産と消費で君に生色と微笑みを与える臓器とを、与えたい。
あらゆる眼に震えず、あらゆる口先にびくつかず、耳を過敏なまま塞がなくとも、眼を地に這わせなくとも、口に臆病な雄弁を振るわせなくともよい君を、教えたい。
指は哀しみを拭うためにあるのではない、唇から人間の鼓動を感じ取り、あたたかい髪の一本一本を撫で上げ、肌のほんの小さな収縮や湿り、弛緩と潤いを伝え合うためにある。
君の声は、愛を嘆くことに慣され、夜毎呪いのように繰り返すが、その本分は愛を囁き、ときに高らかに歌い上げることにある。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/18】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(1) | comment(0)
ジャズ/ワールド 簡約データベース(アルファベット順)
Al Di Meola アル・ディ・メオラ(g) 1954/7/22(Jersey City, New Jersey)~  [Guitar Virtuoso, Contemporary, Fusion, Jazz-Rock, World Fusion, Tango]

Al Haig アル・ヘイグ(p) 1924/7/22(Newwark, New Jersey)~1982/11/16(New York City, New York) [Bop]

Art Blakey アート・ブレイキー(ds) 1919/10/11(Pittsburgh, Pennsylvania)~1990/10/16(New York City, New York) [Blues Jazz, Hard Bop, Drum&Percussion]

Art Pepper アート・ペッパー(as) 1925/9/1(Gardena, Los Angeles, California)~1982/6/15(Panorama City, California) [Bop, Cool, West Coast Jazz, Post-Bop, Hard Bop]

Art Tatum アート・テイタム(p) 1909/10/13(Toledo, Ohio)~1956/11/4(Los Angeles, California) [Swing, Boogie-Woogie, Stride]

Astor Piazzolla アストル・ピアソラ 1921/3/11(Mar del Plata)~1992/7/4(Buenos Aires) 音を聴く神経だけがあって,身体は思い出されたとき緊縛されている,という体験がある.バンドネオンは勿論,彼は優秀なGuitar・Piano・Violin奏者であった. [Tango Nuevo, Jazz Tango, Contemporary Classical]

Augustus Pablo オーガスタス・パブロ 1954(Andrew, Jamaica)~1999/5/18(Kingston, Jamaica) [Dub]

Barney Kessel バーニー・ケッセル(g) 1923/10/17(Muskogee, Oklahoma)~  [Bop, Cool, West Coast Jazz]

Bebel Gilberto ベベウ・ジルベルト 1966/5/12(Rio de Janeiro)~  Joao GilbertoとMiucha Gilbertoの娘. [Bossa Nova, MPB, Latin Soul, Acid Jazz]

Ben Webster ベン・ウェブスター(ts) 1909/3/27(Kansas City, Missouri)~1973/9/20(Amsterdam, Netherlands) [Swing, Mainstream Jazz, Traditional Pop]

Benny Goodman ベニー・グッドマン(c) 1909/5/30(Chicago, Illinois)~1986/6/20(New York City, New York) [Band, Sweet Bands, Swing]

Bill Evans ビル・エヴァンス(p) 1929/8/16(Plainfield, New Jersey)~1980/9/15(New York) 美. [Jazz Piano, Cool, Post Bop]

Bill Frisell ビル・フリゼール(g) 1951/3/18(Baltimore, Maryland)~ [Progressive Jazz, Avant-Garde Jazz, Modern Creative, Fusion, Post-Bop, World Fusion]

Billie Holiday ビリー・ホリデイ(v) 1915/4/7(Philadelphia, Pennsylvania)~1959/7/17(New York City, New York) [Swing, Classic Female Blues, Ballads, Jazz, Standards, Torch Songs, Traditional Pop]

Bob James ボブ・ジェイムス(p) 1939/12/25(Marshall, Missouri)~ [Electronic, Crossover Jazz, Jazz-pop, Smooth Jazz]

Brad Mehldau ブラッド・メルドー(p) 1970/8/23(Jacksonville, Florida)~ [Progressive Jazz, Contemporary, Post-Bop, Ballads]

Branford Marsalis ブランフォード・マルサリス(ts, as, ss, bs) 1960/8/26~  [M-Base, Post-Bop, Neo-Bop, New Orleans Jazz, Hard Bop]

Bud Powell バド・パウエル(p) 1924/9/27(Harlem, New York City, New York)~1966/7/31(New York City, New York) [Bop]

Buddy Rich バディ・リッチ(d) 1917/9/30(New York City, New York)~1987/4/2(Los Angeles, California) [Big Band, Modern Big Band, Swing, Bop, Hard Bop]

Cannonball Adderley キャノンボール・アダレイ(as) 1928/9/15(Tampa, Florida)~1975/8/8(Gary, Indiana) [Soul-Jazz, Hard Bop]

Carel Kraayenhof

Charles Aznavour シャルル・アズナヴール 1924/5/22(Paris, France)~ [Vocal-Easy Listening, Cabaret, Vocal Pop]

Charles Mingus チャールズ・ミンガス(Charlie Mingus)(b) 1922/4/22(Nogales, Arizona)~1979/1/5(Cuernavaca, Mexico) [Progressive Big Band, Bop, Avant-Garde Jazz, Post-Bop, Hard Bop]

Charlie Byrd チャーリー・バード(g) 1925/9/16(Chuckatuck, Virginia)~1999/12/2(Annapolis, Maryland) [Swing, Bop, Brazilian Jazz, Latin Jazz, Bossa Nova, Standards]

Charlie Haden チャーリー・ヘイデン(b) 1937/8/6(Shenandoah, Iowa)~  [Avant-Garde Jazz, Free Jazz, Post-Bop, Hard Bop]

Charlie Parker チャーリー・パーカー(as) 1920/8/29(Kansas City, Kansas)~1955/3/12(New York City, New York) [Big Band, Bop]

Chet Baker チェット・ベイカー(tp, v) 1929/12/23(Yale, Oklahoma)~1988/5/13(Amsterdam, the Netherlands) [Cool, West Coast Jazz]

Chick Corea チック・コリア[p, kb] 1941/6/12(Chelsea, Massachusetts) [Avant-Garde Jazz, Free Jazz, Fusion, Post-Bop, Standards]

Clifford Brown クリフォード・ブラウン(tp) 1930/10/20(Wilmington, Delaware)~1956/6/26(Pennsylvania) [Big Band, Bop, Cool, Hard Bop]

Coleman Hawkins コールマン・ホーキンス(ts) 1904/11/21(St. Joseph, Missouri)~1969/5/19(New York City, New York) ジャズサックスの父. [Big Band, Swing, Bop, Classic Jazz, Mainstream Jazz]

Count Basie カウント・ベイシー(p, o) 1904/8/21(Red Bank, New Jersey)~1984/4/26(Hollywood, California) [Big Band, Swing, Piano Blues]

Curly Russell カーリー・ラッセル(b) 1917/3/19~1986/7/3

Dave Brubeck デイヴ・ブルーベック(p) 1920/12/6(Concord, California)~  [Cool, West Coast Jazz]

Diana Krall ダイアナ・クラール(v, p) 1964/11/16(Nanaimo, British Columbia, Canada)~  [Swing, Contemporary, Neo-Bop, Jazz, Torch Songs, Traditional Pop]

Dizzy Gillespie ディジー・ガレスピー(tp) 1917/10/21(Cheraw, South Carolina)~1993/1/6(Englewood, New Jersey) [Bop, Afro-Cuban Jazz]

Donald Byrd ドナルド・バード(tp) 1932/12/9(Detroit, Michigan)~  [Crossover Jazz, Fusion, Jazz-Funk, Hard Bop , Funk, Smooth Soul]

Duke Ellington デューク・エリントン(p) 1899/4/29(Washington, DC)~1974/5/24(New York City, New York) [Big Band, Orchestral Jazz, Progressive Big Band, Swing, Classic Jazz, Standards]

Earl Klugh アール・クルー(g) 1954/9/16(Detroit, Michigan)~ [New Age, Crossover Jazz, Jazz-pop, Instrumental Pop]

Eddie "Cleanhead" Vinson エディ・クリーンヘッド・ヴィンソン(as, v) 1917/12/18(Houston, Texas)~1988/7/2(Los Angeles, California) [Blues, Bop, R&B, New York Blues, Jump Blues, West Coast Blues]

Eddie "Lockjaw" Davis エディ・ロックジョウ・デイヴィス(ts) 1922/3/2(New York City, New York)~1986/11/3(Culver City, California) [Swing, Bop, Latin Jazz, Soul-Jazz, Hard Bop]

Edith Piaf エディット・ピアフ 1915/10/19(Paris, France)~1963/10/11 [Vocal-Easy Listening, French Pop, Cabaret, Torch Songs, Vocal Pop]

Ella Fitzgerald エラ・フィッツジェラルド(v) 1917/4/25(Newport News, Virginia)~1996/6/15(Beverly Hills, California) [Swing, Bop, Classic Female Blues, Ballads, Jazz, Standards, Traditional Pop]

Eric Dolphy エリック・ドルフィー(f, bc, as) 1928/6/20(Los Angeles, California)~1964/6/29(Berlin, Germany) [Bop, Avant-Garde Jazz, Free Jazz, Post-Bop]

Esther Phillips エスター・フィリップス(v) 1935/12/23(Galveston, Texas)~1984/8/7(Carson, California) [Disco, R&B, Soul, Pop Soul, Classic Female Blues, Jazz Blues, West Coast Blues, Ballads, Vocal Pop]

Fats Waller ファッツ・ウォーラー(p) 1904/5/21(Waverley, New York)~1943/12/15(Kansas City, Missouri) [Jive, Swing, Classic Jazz, Stride]

Fausto Papetti ファウスト・パペッティ(as) [Smooth Jazz, Easy Listening, Instrumental Pop, Orchestral Pop]

Frank Sinatra フランク・シナトラ(v) 1915/12/12(Hoboken, New Jersey)~1998/5/15(Los Angeles, California) [Vocal-Easy Listening, Traditional Pop, Standards, Show Tunes, Jazz, Ballads, Swing, Big Band, Soft Rock, Pop, Vocal Pop]

George Benson ジョージ・ベンソン(g, v) 1943/3/22(Pittsburgh, Pennsylvania)~  [Contemporary, Crossover Jazz, Jazz-pop, Smooth Jazz, Hard Bop , Quiet Storm]

Gerry Mulligan ジェリー・マリガン(bs, p, c) 1927/4/6(New York City, New York)~1996/1/19(Darien, Connecticut) [Big Band, Swing, Cool, West Coast Jazz, Post-Bop]

Glenn Miller グレン・ミラー(t) 1905/3/1(Clarinda, Iowa)~1944/12/15 [Big Band, Sweet Bands, Swing]

Grant Green グラント・グリーン(g) 1931/6/6(St. Louis, Missouri)~  [Jazz-Funk, Soul-Jazz, Hard Bop]

Herb Ellis ハーブ・エリス(g) 1921/8/4(Farmersville, Texas)~ [Swing, Bop, Cool, West Coast Jazz, Mainstream Jazz]

Herbie Hancock ハービー・ハンコック(p) 1940/4/12(Chicago, Illinois)~ [Fusion, Post-Bop, Modal Music, Jazz-Funk, Hard Bop , Funk]

Horace Silver ホレス・シルヴァー(p) 1928/9/2(Norwalk, Connecticut)~  [Fusion, Soul-Jazz, Hard Bop]

Jake Hanna ジェイク・ハナ(d) 1931/4/4(Roxbury, Massachusetts)~  [Swing]

Jimmy Giuffre ジミー・ジュフリー(ts, bs, c) 1921/4/26(Dallas, Texas)~  [Folk-Jazz, Cool, West Coast Jazz, Avant-Garde Jazz]

Jimmy Smith ジミー・スミス(o) 1925/12/8(Norristown, Pennsylvania)~  [Jazz-Funk, Soul-Jazz, Hard Bop]

Joe Diorio ジョー・ディオリオ(g) 1936/8/6(Waterbury, Connecticut)~  [Post-Bop]

Joe Lovano ジョー・ロヴァーノ(ts, c) 1952/12/29(Cleveland, Ohio)~  [Post-Bop, Hard Bop, Ballads]

Joe Pass ジョー・パス(g) 1929/1/13(New Brunswick, New Jersey)~1994/5/23(Los Angeles, California) [Bop, Mainstream Jazz, Hard Bop, Jazz Blues]

John Coltrane ジョン・コルトレーン(ts) 1926/9/23(Hamlet, North Carolina)~1967/7/17(New York) [Avant-Garde Jazz, Free Jazz, Post-Bop, Modal Music, Hard Bop]

John Mclaughlin ジョン・マクラフリン(g) 1942/1/4(Yorkshire, England)~  [Fusion, Jazz-Rock, Post-Bop, World Fusion]

Keith Jarrett キース・ジャレット(p) 1945/5/8(Allentown, Pennsylvania)~  [Avant-Garde Jazz, Modern Creative, Contemporary, Fusion, Post-Bop]

Kenny Burrell ケニー・バレル(g) 1931/7/31(Detroit, Michigan)~  [Orchestral Jazz, Bop, Cool, Crossover Jazz, Mainstream Jazz, Hard Bop]

Kronos Quartet クロノス・クァルテット

Larry Carlton ラリー・カールトン(g) 1948/3/2(Torrance, California)~  [Blues, Contemporary, Crossover Jazz, Fusion, Smooth Jazz]

Lee Konitz リー・コニッツ(as) 1927/10/13(Chicago, Illinois)~  [Cool, Post-Bop]

Lee Ritenour リー・リトナー(g) 1952/11/1(Los Angeles, California)~  [Crossover Jazz, Jazz-pop, Smooth Jazz, Instrumental Pop]

Lester Young レスター・ヤング(ts) 1909/8/27(Woodville, Mississippi)~1959/3/15(New York City, New York) [Swing, Bop, Cool, Mainstream Jazz]

Lionel Hampton ライオネル・ハンプトン(vibes) 1908/4/20(Louisville, Kentucky)~2002/8/31(New York) [Big Band, Swing, Classic Jazz, Mainstream Jazz, New York Blues]

Lou Donaldson ルー・ドナルドソン(as) 1926/11/1(Badin, North Carolina)~ [Bop, Soul-Jazz, Hard Bop, Ballads]

Lou Rawls ルー・ロウルズ(v) 1935/12/1(Chicago, Illinois)~  [R&B, Soul, Philly Soul, Pop Soul, Smooth Soul, Jazz]

Louis Armstrong ルイ・アームストロング(v,tp) 1901/8/4(New Orleans, Louisiana)~1971/7/6(New York) [Swing, Classic Jazz, Dixieland, New Orleans Jazz, Traditional Pop]

Marc Johnson マーク・ジョンソン(b) 1953/10/21(Omaha, Nebraska)~  [Modern Creative, Fusion, Post-Bop]

Max Roach マックス・ローチ(ds) 1924/1/10(New Land, North Carolina)~  [Swing, Bop, Avant-Garde Jazz, Post-Bop, Hard Bop]

McCoy Tyner マッコイ・タイナー(p) 1938/12/11(Philadelphia, Pennsylvania)~  [Progressive Jazz, Post-Bop, Modal Music, Mainstream Jazz, Hard Bop]

Miles Davis マイルス・デイヴィス(tp) 1926/5/25(Alton, Illinois)~1991/9/28(Santa Monica, California) [Bop, Cool, Fusion, Jazz-Rock, Post-Bop, Modal Music, Jazz-Funk, Hard Bop]

Milva

Monty Alexander モンティ・アレキサンダー(p) 1944(Kingston, Jamaica)~  [Bop, Post-Bop, Hard Bop, Calypso, Standards]

Nina Simone ニーナ・シモン(v) 1933/2/21(Tryon, North Carolina)~2003/4/21(Carry-le-Rouet, France)

Oscar Peterson オスカー・ピーターソン(p) 1925/8/15(Montreal, Quebec, Canada)~  [Swing, Bop, Mainstream Jazz]

Paco de Lucía パコ・デ・ルシア(g) 1947/12/21(Algeciras, Cadiz, Spain)~  [World Fusion, Contemporary Flamenco, Flamenco]

Paul Desmond ポール・デスモンド(as) 1924/11/25(San Francisco, California)~1977/5/30(New York City, New York) [Cool]

Paul Motian ポール・モチアン(ds) 1931/3/25(Providence, Rhode Island)~  [Avant-Garde Jazz, Post-Bop]

Phil Woods フィル・ウッズ(as, c) 1931/11/2(Springfield, Massachusetts) [Big Band, Bop, Post-Bop, Hard Bop]

Ray Brown レイ・ブラウン(b) 1926/10/13(Pittsburgh, Pennsylvania)~2002/7/2(Indianapolis, Indiana) [Big Band, Bop, Mainstream Jazz, Hard Bop, Standards]

Richard Galliano リシャール・ガリアーノ(accor) 1950/12/12(Le Cannet, France)~  [Orchestral Jazz, Post-Bop, Tango]

Richard Tyborowski(g)

Robben Ford ロベン・フォード(g) 1951/12/16(Woodlake, California)~  [Blues, Crossover Jazz, Fusion, R&B, Modern Electric Blues, Soul-Blues]

Sarah Vaughan サラ・ヴォーン(v) 1924/3/27(Newark, New Jersey)~1990/4/3(Los Angeles, California) [Bop, Cool, Ballads, Jazz, Standards, Traditional Pop]

Sonny Rollins ソニー・ロリンズ(ts) 1929/9/7(New York City, New York)~  [Bop, Post-Bop, Hard Bop]

Stan Getz スタン・ゲッツ(ts) 1927/2/2(Philadelphia, Pennsylvania)~1991/6/6(Malibu, California) [Cool, West Coast Jazz, Post-Bop, Hard Bop, Bossa Nova]

Stanley Clarke スタンリー・クラーク(acb, eb) 1951/7/21(Philadelphia, Pennsylvania)~  [Soul, R&B, Jazz-Funk, Post-Bop, Jazz-Rock, Fusion, Crossover Jazz, Contemporary, Funk]

Thelonious Monk セロニアス・モンク(p) 1917/10/11(Rocky Mount, North Carolina)~1982/2/17(Weehawken, New Jersey) [Bop, Post-Bop, Modal Music, Hard Bop]

Tony Bennett トニー・ベネット(v) 1926/8/13(Astoria, New York)~ [Vocal-Easy Listening, Ballads, Jazz, Show Tunes, Traditional Pop, Vocal Pop]

Wayne Shorter ウェイン・ショーター(ts, ss) 1933/8/25(Newark, New Jersey)~  [Bop, Fusion, Post-Bop, Modal Music, Hard Bop]

Wes Montgomery ウェス・モンゴメリー(g) 1923/3/6(Indianapolis, Indiana)~1968/6/15(Indianapolis, Indiana) [Crossover Jazz, Jazz-pop, Soul-Jazz, Hard Bop]
...postscript

Theme: JAZZ - Genre: 音楽

【2005/09/17】 | Music | 音楽 | trackback(5) | comment(0)
憂鬱なる対話者への手記
我々は批判精神を働かせては、それでも私を愛せよと、中途で仕事を切り上げて、対話者として許容せぬなら悪であるという条件付きで批評者としての役割を投げる。
我々の対話が続く限りは、たとえ急所を串刺しにする絶望的な言葉が、反語的な美しさで滔々と弁ぜられようとも、必ずある絶対的肯定が絆となって我々を酷寒の淵から救い出す。
我々は、対話者であるという自覚を得たときから、その言行も思考も完全なる孤立を許さなくなっている。
一方の世界は他方に射影され、他方の世界に一方の存在は編み込まれ、一方は正に他方の一部として分離不可能となっている。
一方の手が他方の肩に噛み付く塵を払おうとすれば、他方は痛みを予感して全身、特に頬あたりを緊張させながら、抱擁を期待して胸を高鳴らせる。
我々はあの完全だったひとつの存在を理想とすることはできない。だが、我々は、ふたつの孤絶した存在でありながら、ある境界を忘れ去り、ひとつの繋がった存在となってゆくことができる。

君が私の言葉を恐れないように、私は君の絶望を恐れない。
我々が対話者であることを受容したのなら、我々はそういった恐れにおいて自由であるべきだ。
だが勘違いするな、私は君との対話を放棄し君の存在を度外視することを厭わないのではない。
私は常に君と語らうことを志向し、表現される君と、それを観察し分析する己自身とを考え合わせ、私の役割と言行を判断する。
ときには、君はこの批評者に惑わされないまま踏み込んだその淵を更に進むべきだ、と判断し、ここから語られるべき言葉を見出す時期を待っているということもある。
君はここで孤独に帰着すべきではない、君は見守られた自由のなかにいるのだ。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/16】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
「有り触れた詩」の考察としての詩論
要約すると以下の如し。
「命が芽生え、生が花のように咲き誇り、やがて散り、朽ちる。」
ものによっては新世界の創世というほどの意味で「また芽が出...」というように展開される。
ここで表現される観念において、特に絶頂から絶命までの過程を焦点として「花火が弾け、散り散りの火花は闇に吸い込まれて」といった具合になるものも、ままある。

凡俗な比喩表現は、詩の鑑賞者が失われていく原因のひとつと言える。
消費すべきものがなく、希望ももてない表現者群にまごついていられるほど、お人好しではないというのが平均的鑑賞者の実際だ。


生の過程を花の一生に擬えることは、有り触れた手法だが、廃絶されるべきものとは言わない。

一般に、生を花と見立てるときには、その生に、上弦型と見なし得る起伏の盛衰を見出さねばならず、これは人生の全面を微視的に観察し尽くすなら、まずあり得ないことと言っていい。
生のあらゆる側面は、複雑な起伏を描き、それらを(ときにいくつかの、いや、都合の悪い多くの波を無視し)たった一筋の弧として統合したなら、そこには「花」を見ることも出来ようが、生に真摯に向き合うならば、生は「花」では手に余る。「花火」など以ての外だ。

詩とは、ただ理想的な世界を展開すれば善しとされるものだったろうか。
確かに、生のごく単純な比喩として「花」は有用でもある。誰にでもよくわかる。「取りあえず、わかりやすい形で示し、詳細は後に語る。いや、多くは無視するだろう。」こういった見込みで使われる「花」なら、それは「正しい」比喩だと言える。
だが、単なる「比喩」ではなく「詩」を名乗るのなら、例え「花」を用いるとしても、そこには「機微」や「意表を突く真理」が含まれていなければ実も無かろう。

詩とはそもそも「手掴みできるもの」であってはならない。
それに十分な想像力を「持っている」だけで手に収まってしまうものでは、それはその鑑賞者にとってはただの「比喩」か「随筆」でしかない。
また、詩は単なる「分析結果」ではない。
いかに全面を微視的に完全に分析し尽くしたとしても、それが一対一に把握されてしまうのであれば詩ではない。
「余力」を持たない詩は詩ではないのだ。

「花」は、比喩として生を語るには不足している。
だが、「詩」として生を語るならば、「花」には「自由」がある。
「花」は、あの「花」でなくともいいのだ。
あの「花」そのものでもなければ、単純化された「花」でもない。「花」を越えた「花」であれば生を語り得るかもしれない。

現象と形而上が接する領域を言葉の上に「落とす」のが詩人だ。

詩人が生-一面的であったり巨視的であったり、丸められていたとしても-を「花」で表現するとき、そこには「花」を越えた「花」がなければならない。

Theme: 詩論 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/14】 | Poetics | 詩論 | trackback(1) | comment(3)
続・理想主義の悪弊
君は己の不幸を嘆くことに解決を求めすぎる。
君は隠蔽し、欺瞞し、錯誤し、忘却し、そうした己を罰することにかけては優秀だが、人も己も、先に見えるのは常に死だ。
君は君の悪徳によって、生の胎動を潰えさせることにかけてこそ、プロフェッショナルなのだ。

君は常に脅えている。脅えに脅え、やはり今日も己を、人を、百度は裏切った。
それでも甘美なる躍動は止まることを知らない。
君は、愛と悲しみの揺り籠にごろついて居られるのなら、どの世界がどんなに崩壊していこうといい、夢見心地に還れる。
あらゆる罪は、悲しみとして吸収され、揺り籠はまた甘く揺らぐ。

君は、今日も咽び泣く。
君はその瞬間まさに物語の主人公、世界の支配者なのだ。
あらゆる事象は君の巧みなナイフ捌きによってカッティングされ、ひらひらと舞う怒れる男や、微笑みを絶やさない何かと言えば抱きつきたがる彼が取り巻く。コントロールを失った彼らの頭がぶつかれば鐘を突いたかのように心地よい音色が響き、突如現れた眼光の鋭い男が今にも世界の終わりを宣告しそうな唇を戦慄かせ、ばくばくと弾ける心臓が破裂する寸前、闇が訪れる。そこは現実だ。

君は溢れ出る死臭を覆い隠すため、今日も香しい園に出掛けてゆく。



君はまだ美しさを知らない。
ほんの小さな勇気すら持てない君に、美しさが芽生える筈もない。
君は、グロテスクだ。捻れすぎて、芯らしい芯がない。
いま、君の身体は箱に過ぎず、君の精神は点の散乱に過ぎない。
君の肌に触れたとして、その肌は誰の肌なのか見失いがちなのだ。
身体には君が宿るべきであって、精神は如何様に複雑であっても統制が行き届いているべきだ。

君は君の知性を洗い直す必要がある。
君は何を求めているのであったか、何を求められているのであったか。
現実はどの様に立ち現れ、理想とする現実とは何であったか。
理想はここには無いと知れ。
事実に抗わず、理想を演ずることを憎み、理想を目指せ。

便利な愛に満足するな。
君の自己愛は常に君を不埒な理想主義者に仕立てようと誘惑する。
愛された自覚があるのなら、真っ先に己を恥じろ。
君は、他者を君の幻術のなかに誘惑し、君のために、お粗末な張りぼてを愛させたのだ。
君が愛されたことを喜んで善いのは、君を、例え不格好で矮小な存在の君だとしても、そのままに表現し、愛されたときだ。
君に向けられるその他の全ての愛は、見当違いの彼方に向かう紛い物だ。
少なくとも本来の、ありのままの君に対する愛ではない。
恐れるな。
君を既に見破り、君の出鱈目な衣を剥いで、君に到達したいと欲し、尚かつ君を愛する者があるなら、君が求めてきた愛は間近に迫っていると言っていい。

君の理想は、君の勇気が実現させる。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
...postscript

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/12】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
ホームレス
その種は執着し、摂り込み、取り入り、より居心地良い仮住まいを視認したなら、スムーズにそれへ滑り込む。
その種は忘却し、嘘は真実の前駆体であると盲信し、彼を餓鬼へ彼女を貴女の爪先へ転化させるというより誤解していましたと開き直る。

圧力に藻掻いた身体は一条の陽光で瞬時に浮力に戦き、浮ついた心は彼方の交渉によって重苦しく帯電する。

戦法は概ねヒットアンドアウェイ。
雑木林から打っては脅え、監視し、確認できなかった弾道を想像しては焼失と的確な報復を恐れる。

手の触れ方も知らなければ、手の感触もぬくもりも知らず、手の示すサインの意味もわからない。

叫ぶ用意はできている。だが、叫んだ後のことには責任を持てない。なるべく叫びたくはないが、叫べば済むとも考えている。

棲めればいい。棲めないなら障害物にもなる。勿論、棲むならそれなりにケアもする。棲むのに都合がよければ小さな犠牲なら払ってもいい。だが利子を忘れるな。障害物となっても取り立てだけは止めない。

その種はそこここで君に取り入ろうとびくついている。
...postscript

Theme: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/11】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
このブログへのコメントについて
このブログは開設当初からずっと、少数の友人をのみ読者とできれば良しと考えて更新してきたもので、コメントは直接聞けるしいいかと思っていたんですが、ブログ上でもらえるとやはりまた違う喜びがあるものです。

昔書いたことは昔書いたことで、今の意見とは異なる点があるのも自然なわけですが、読んでいただければそれなりに楽しんで頂けるものかもしれません。
もし読んで、何か一言言ってやりたい気持ちになられたなら、どうぞ気兼ねなくコメントしてやってください。
ささやかな挨拶でも嬉しいですし、議論に持ち込みたいならどうぞ。管理人は議論好きな方なので、日記同然の文章に不意と突っ込まれるのも新鮮に感じられるかもしれません。なるべくお相手します(喧嘩腰なのは辟易し、無視もしくは削除する可能性大ですが)。

好みは、真摯な言葉です。挨拶しかり、意見しかり、真摯な姿勢で語られる言葉には人を(まぁ、管理人を)心地よくさせる気色があるものです。日頃そういった言葉に慣れていない方でも、ちょいと意識すれば案外なんとかなるものです。是非小さな挑戦を楽しんでみて下さい。

そういえば5年ほど前、インターネットでアマチュア詩人さんを集めて「皆さんで趣味を共有しましょうよ」的なほのぼの団体を組織したことがあります。面白かったです。けど、言いたいのはそこではなく。
その団体には、まぁ、いろんなレベルの人がいたわけですね。管理人は詩を嗜んで1・2ヶ月といったひどいアマチュアっぷり、に似合わず好評を、また物議を醸す作品をコンスタントに発表していたわけですが、そこでもやはり、このブログを読むとき皆さんが感じられるような「聖域感」(最近、友人に指摘されて知りました)に当てられて何も言えないような方がいたりしたわけです。
管理人としては「俺は俺、あなたはあなた、違うことを考え、違うように感じ、違うものを書くのは当然。俺はあなたと話したい。あなたもそうであるなら、話せばいい。」といった心境だった(筈)んですね。今も大体そんなところです。ちょいと本音を露出したりしなかったりした私的な文章等に、他の人がどんなリアクションをするのか、いま、楽しみだと感じています。

まぁ、つまり、コメント下さいね、下さったら喜びます、ってことでした。
【2005/09/10】 | Messages | 告知 | trackback(0) | comment(0)
平等・不平等問題について
一度、ある団体の企画で知的障害者施設へ見学に行ったことがあります。
そこでは、入所者の方々が普通誰もがそうするように定職に就くことを目標のひとつとして掲げていました。
僕達は、彼らの生活実態を身を以て体験するため、彼らに混じり、彼らが仕事として請け負っている内職をこなしたり、同じ食堂で昼食をとったり、管理職の方から入所者の一日を通しての或いは月間のスケジュール、社会からの入所者や施設に対する評価についてのお話を伺ったり、共に論議したりしました。
彼は誤解を恐れるというよりは憎むという雰囲気で、慎重に、およそ以下のように語りました。「いまは社会の理解が十分に得られているとは言えず、ごく簡単な仕事しか任せてもらえないが、いつかは彼らが差別のない形で仕事を得、普通に生活していけるようになるといい。いや、そうしていく。」
目標は、挫けなければいいなと思いますが、大きな困難があることは想像に難くありません。誰しも平等な機会を与えられた社会、というのは、ひとつの目指されるべき理想として否定はしません。ですが、競争原理が隅々にまで行き渡った現実の様々な選別のなか「これ以下の者は採用するわけにはいかない」とする組織が大多数であるのは当然です。
社会は不平等です。例を挙げれば枚挙にいとまがありません。卑近な例で言えば、ある事象を解釈せよと言われたとき、一を聞いて十を知り百を語る者もいれば、全く誤解して憤怒するばかりの者もいますし、多くの人にとって恋愛対象と成り得る人間は30億人もいません。
誰でも経験的に了解し、それこそ肌身に染みていることだと思います。

この現実にあって僕は不平等をたのしむ姿勢を持ちたい。
不平等であるからこそ、僕はある人間に特別な一個人として認知され、彼やあの人や其奴ではなく僕が選ばれ、何事か打ち明け合い支え合う友となったり生涯の伴侶となったりする。逆もまた然りです。
不平等でなければ選択はあり得ません。選択する必要がないのではなく、選択肢がないからです。それこそ皆透明な人間になる。
ブログがなぜ存在するか、なぜコメントの中で意見が食い違い、議論されるか。ごく身近な環境にでも不平等は当然に横たわっています。

大体誰でも、ほとんどの不平等は当然のこととして受け入れてはいても、ほんのいくつかの不平等にとても敏感なのだろうと思います。
カネであったり所謂「頭の良さ」であったり顔や身体の輪郭であったり、家の立地であったり読書歴であったり「愛される」ことであったり、分不相応の願い、滑稽なナルシシズム、贅沢な悩み、焦点の違いです。

誰しも理想があるのは当然ですが違うものは違い、ある個人はその瞬間どうしようもなくその個人そのものです。
...postscript
【2005/09/10】 | Essays | エッセイ | trackback(0) | comment(0)
理想主義の悪弊
「その刹那、深刻なる事態への陥没を逃れられれば善し」とする反射的欺瞞を犯し、より美しく塗装されたその一面だけは見透かされたり下地を露にされては理想的な世界が破綻すると考え、犯し抜こうとする。そうして一部にのみ悪意を持って手を加えたために生じた不自然さを誤魔化すため、更に広い領域を、果ては全面を塗り換え、全く別の生き物の皮を被り、生きてゆく。
薄皮一枚を剥いだその下にこそ、分裂し人の形すら持たぬ悪意と良心の坩堝と化した本来の君自身が在るのだ。
果たしてその君は君の理想主義に愛される人間だろうか。
現実を愛さない理想の追求が破綻の契機を含んでいるのは明らかだった。
くれぐれも理想を現実にコピー・上塗りしてはならない。
この文脈においての理想はいつか到達することを望む目的であって、薄皮の下にこそその起点となる現実がある。
現実を愛せ。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/07】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(3)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。