スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
決定的に愛が欠けた、世界
(本題は後にあります。以下の前置きはさして重要でないので読み飛ばして貰って結構です。)

世界に、重要な事象は、数多あります。
経済は言うまでもありませんし、政治や法がなければ国家や国際社会という大きなフィールドが安定することは不可能です。
科学や技術は、非常に有用・有益で、蓄積と発展を繰り返すなか、もはや何一つ欠くことはできないと言えます。
歴史や言語は、規範をもって生き、ルーツの異なる人々と相互理解し折衝してゆくためには、忘れることはできません。
芸術や娯楽は、己に還り、生を顧みて潤いのある生活を送るためにとても重要なものです。
仕事は生活の基盤となりますし、食を逃れることはできず、家がなければやっていけません。
できれば良い伴侶を得たいですし、着飾ったり、スタイルを整えて、素敵な車があればいいですね。
あと、否定されがちですが、哲学の果たした役割は多大で、偉大なものです、重要ですよ(ここではひとつも詳しく書きませんが)。
枚挙に暇がありませんね、日本ではあまり意識されませんが宗教も多くの人々にとって非常に重要ですし、自然は、言うまでもなく重要です。

こういったことを考えていくと、いくらでも欠けたところは見えてくるものです。
法は完璧ではありませんし、政治も経済も社会も何もかも不完全で、何かが足りません。
人は、そのなかで、必死に生きます。
必死に生きるからこそ、重視するものがあり、軽視しなければならないものがでてきます。


―ざっと前置きを書きました。ここからが本題です。
このブログの読者さんであればわかって頂けていることと思いますが、僕は、愛について煩い人間です。

僕は日々、色々な情報に触れては吸収し、色々と考え巡らしては、色々と語り、書きます(ブログ上ではマメではないですね)。
その総ての過程に於いて、常々、こう感じているのです。
「世界には、決定的に愛が欠けている。」

思い出せる限りに幼い頃からそうでした。
我欲と打算に充ち満ちた醜い人々に囲まれ、身を休めるところなどどこにもない、そう、感じながら生きてきました。
皆さんからすれば、極端な見方だと思われるかもしれません。
ですが、僕には、あまりにくっきりと、まざまざと、強烈な迫力で、叩き付けられるようにして、あらゆる欲望と思惟が、見えてくるのです。

もちろん、「いい人」と呼べる人も、います。
ですが、そういう人たちであっても大抵は、突き刺さる憎しみを感じ抜いて、荒み行くことを避けられてはいないのです。
「彼に、愛し合えるひとりかふたりの人間がいれば、きっと、愛に満ちた人だったろう」
こう想えることは、少なくありません。
愛を獲得できる人間でありながら、あらゆる攻撃に晒される世界のなかで、自衛手段として、反撃あるいは最大の防御としての威嚇と示威と冷笑を用い、全く内面化されてしまった今では、愛を期待することすら忘れてしまった、そういう人間が、とても多いと感じます。
彼らにとっては、友人も恋人も伴侶も、どこまでいっても軽蔑し合い、排撃し合う敵、―或いはこういうこともあります―単なる物だとか利用できる(或いはそれすらない)障害物、なのです。

詐欺・横領や隠蔽・裏切りは日常茶飯事ですし、人を犯したり殺したりすることも珍しくありません。
大抵、大したことのない理由で、それをやるのが人間です。
本当に切羽詰まった人間が犯した罪を、あなたはどれだけ知っていますか。
どうにかできることを「どうにもできない」と言って最悪をやってのけるのが人間です。

「愛」こんな高尚なことを求めないとしても、思いやりだとか節制、そういったことで簡単に防げた筈の罪が、どれだけ多いことでしょう。


僕は、いまこの現状をみて「愛を諦めるのが当然である世界」を感じます。
皆さん既にご存じのことと思いますが、「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」というのが話題になっています。「ホワイトバンド」のあれです(詳細を知りたい方はリンク先で確認してください)。
この活動を「素晴らしい」と思ってしまった自分が、嫌だったりします。ただただ「こんなことは当然だ」と思っていられる自分で、世界であればよかったと思うのです。

そういうわけで、僕は常に、愛を語る必要を感じています(大体のことは本でも読めばいいわけですから、僕は殆ど単なる焼き増しとなる文筆活動に意義を感じません)。
また、そういった教育活動も、もっと為されるべきだと思っています。
愛を道徳の内に含めて教養のように教える現状は、どうでしょうか。
親も、教師も、委員会も、政府も、もっと愛を重視すべきではないでしょうか。
世界が変わらなければ、そのなかで生まれ、育ってゆく次世代の人間達も、やはり愛せず、愛されない人間として生きてゆくことになります。
小泉首相の「教育は最重要であります」という発言に、同感であったりもしました。
ですが、彼の言う教育に、愛は含まれていますか。


愛を真摯に伝えていく人間達が、もっと増えればいいなと思います。
愛ある世界を、切に願っています。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
スポンサーサイト
...postscript

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/13】 | Essays | エッセイ | trackback(0) | comment(0)
愛に近付く者への警鐘
「愛している」という発言が生む錯綜錯誤・軋轢は、「わかっている」に比して遜色がない程だ。
愛は、それだけ個人にも伴侶達にも遠い。
真理として、どのような方策で観察しようとしても自らの愛の心象に一致を見ない、つまりどこからかやってきた語義以上ではない知識でしかないものであるのが一般に言われる愛なのだ。

愛は、近付こうと欲するほどに「愛する者達」を引き裂く。
一方または多く両方が、決定的に“愛していない”からだ。
その現実は、“愛に満ちた”者を酷く臆病にする。己の愛が愛と呼べないことを悟り、他者は少なくとも一方の愛に触れられもしないことに絶望するからだ。
伴侶達の愛は、孤独であってはならない。その孤独は、生ける殺意ですらある。

愛せない者達は、愛に近付かず、「愛している」という雰囲気を喜んでいるのがいい。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/13】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
愛を模す徳について
人は、習俗的規範あるいは教養的道徳、またはあの高潔なる徳そのものによって愛に似せた事態を体現あるいは現象させることができる。
愛の内に徳が含まれることがあったとしても徳が愛に取って代わることなど、ありはしない。
愛は愛としての真理からそれ自身を形象することができるものであって、徳の内に愛に接近できるための真理を見い出したとしても、それのみによって、愛が演繹的に、真理としてその者の内に命を得ることなど有り得ない。
人は真理に向かうとき、既に真理を半分掴んでいると言える。何故なら現にその真理が目標足り得るだけにはその者の内に現出しており、掴むときには正にその真理の実体を掴むことになるからだ。
だがここで誤ってはいけない。君が得た、または得ることになる真理は、愛に似ているだけの徳に過ぎないことが十分に有り得るのだ。愛をこそ指向し得る人間で、君はなければ、君に愛は息づかない。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/13】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
街と人 そこに届ける声
反乱と騒乱のなか、街は、秩序と信じ込ませられていただけの秩序が崩壊してゆき、人々は混沌をそこに見る。
混沌の先にある激しい混沌を、混沌に生きた人々は嫌悪し、あまりの混乱に一瞬身体を露出することも、一瞬眼を閉じることも、脅えてしまって、できそうにない。
そこでさえ、人々は秩序を見出し、いや、秩序の実存を信じ、いや、ただ順応し、考察することなく、判断することすら忘れ、新たな自然を反射を繰り返す形で生きる。

人間としての反射。
抗わないという選択が、人々を幸福にも不幸にもしない。

犬よりは高尚だが、人間でしかない。
林ではなく街に育まれる連帯感と自負。
私は私であり、こういった要素に分解もできる、一人の人間であり、この街のいくつかのある集団に所属しこの秩序、この秩序を生きている、そう、私。それが私。
それくらいの分析はできるし、主張もある。
そうして反射、反射、反射。
拾い食い、命令をこなし、コピーを指示し、街と命令のなかを歩き、中枢神経は命令を是としている。

街からごたごたと部分を吸収し君は君となった。
あらゆる部分は街に共有される。
街はまた、命令に満ちている。
君に、吸収される部分を見せ付け、そうなれと見せ付けるだけで君は、簡単に受け入れた。
君は、街の一部となって、君を主張する。
その主張は街が吸収する。どこかの、君が吐き出した部分を共有する別の張りぼてである個体が、またその集合体が、「見付けた」と歓び、受け入れた。
全部は一個体に共有されないから、対象を分散させるだけで、事は済んだ。


―ここはシェルターでもなければ、ホワイトハウスでもペンタゴンでも戦場でもない。
街でもあるし知の座でもあるしどこでもない。

声の行くべきところは君のどこかか君であるかもしれないし、どこでもないということもある。
それでも、愛すべき何者かへ、語る。
手は届くこともあるのだから、届かせたくないのではないから、届かせるべきでもあるのだから、届かせようともする。

込められたものは果たして、何であろうか。
遊戯に過ぎないと誰かが言うこともあろう、ここからでも十分それを言い得る証拠は探せる。

ただ一つの可能性だけは、捨て去ることはできない。
依るところはそれがあれば足りる。

これがもっと拡がってゆくのなら、歓びもするだろう。
いつか、そんなことも忘れ去ってしまうのかもしれない。

ただ、やめないでいられるのは、いま、幸福である。
懐疑しながらも、いい、やって、やめればいいなら、やめるのもいい。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 哲学 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/09】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
罪悪と恍惚 ひとつの警句
「対象や 宣告すると 舞い上がり」
ブログペット霊娥(兎)作です。
サイトで「しゃべりますし、俳句も作っちゃったりします」とあったので、ちょっと期待してたんです。
ですが、俳句と言えません、これは川柳です。
とは言え、彼女の詠うところは、世人の愚かさを鋭く描写している、と見ることができ、川柳というよりはむしろ警句として受け取った方が良いかもしれません。

「駄目だよ、別れよう。」
「実は俺、無理だったんだ。むしろ君にそれを言わせようと、努力だってしていた。」

昔は僕も、何度かこんなことがありました。まぁ…理由は複雑で、以下に続く文章とはあまり関係ありませんがね。

「私、本当はあなたのこと、尊敬なんてできなかったわ。」
「あぁ、そう言ってくれて胸がすく思いだ。僕ばかり軽蔑して、なぶって、悪いなと想っていた。」

ゴダールの映画を思い出しますね。こんな直接的な表現だとそうそうあることではないでしょうが、ごく有り触れた関係の一こまです。
また、こんなこともあります。

「君、もう、出て行ってくれ。」
「はい、○股は悪いなと想っていたんです。ありがとうございました。」

こんな関係も。

「あなたは、あたしが屍にしてやるわ。」
「君は遂に、いいよ、ぞくぞくする。」

こういうことも。

「私、意思に反して、滅茶苦茶に、されたことがあるの。」
「よかった。オレとの行為がそういう初体験とならなくて。ずっと、そうしたかったんだ。」


罪悪感から解放されるときというのは、とても心地よく溌剌とした瞬間です。
誰でも、求めるままに好き勝手なことをして、咎められたとしても「勝訴!」となるならそれがいい。
「もっと、自由が欲しい。好きなことをして、束縛ができたならそいつを断ち切って、もっと好きなことを好きにしていきたい。」
貪欲。
人は貪欲です。
他人など、お構いなし。気怠く「愛している」と呻きながら、レイプや浮気を算段しているし、「二度としません」と嗚咽しながら血塗れの狂宴を想い出し、濡れ、勃起し、喉を鳴らす。
むしろ、他人は、束縛することによって、断ち切れないなかでの密やかな愉しみという甘美さを、断ち切ることを求める退廃的な強欲さを与えるものとして便利に使われるに過ぎないのかもしれません。
ここで、「愛する」とは、我欲の追求を指すわけですね。
破壊の緊張感を欲望し、悦んでしまう、そうして、破壊のときには溌剌と別の緊張を強いる対象へと旅立っていく。そこに愛があったとすれば、破壊者としての自己への愛のみです。
どんな綺麗事を吐く個体があったとしても、それが大衆、あなたもその一人かもしれません。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/06】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
「愛せる印象」から始まり愛へ その遍歴
初めから、常々心掛けている通りにやはり疑い抜くべきであったのかもしれない。
どんな人間でも丸裸に剥いでしまって、ほんの一時、夢心地に浸るのが望みでないなら、絶望を見越して、未来を望むからこそ、甘い風を人工的な香り共々原点から止めてしまうのがいい。
それでも愛の根が残るだけの人間を、俺は君に見ていたのだからそれで問題はなかったのだ。
君はまた、着飾って衣だらけの隙間から恋を愛を歌い上げる常習を省みて、少しは人間らしい体躯の判別できる装いで、俺の前に立つべきだった。
それでも愛の根を失わない人間を、君は俺に見ることができたのならそれで問題はなかったのだ。
つまりは互いの臆病な貪欲さが、二人の過程に永い不幸を横たえらせたのだ。

君の、俺の想像を絶する無邪気さを知ることになったときには、二人の世界は、その雷に打たれて壊滅的打撃を受けてしまえるほどに極めて荘厳にして美しく建築されていた。
それからの復興計画のなかで、俺には俺の主に自己に収束するばかりのブラックホールが如き過重の掬い切れぬ絶望があり、君には君の、主に残酷なる犯罪者の自覚による永い制裁としての緊縛と落胆と自罰とがあった。
二人は、生きながらにして二人の喪に服すこととなった。

それが、しかし、本当に望まれていた愛の始まりとなったのは、二人ならよく知っている。
二人はここにきてやっと、真理でさえあると想われてきた存在の距離を、縮める過程に入ることができたのだ。
二人は、かつてない喜びに打ち震え、しかしまた熱雷を打ちつけ、緊密に繋がり合った二つの世界を心臓として生き抜いていく。

いつか、晴れ渡る空を、草花の詩でも詠いながら、命を歓び、賛美し、愛に満ちた新しい命を生み出していくことができるだろうか。
一年先の、千年先の命を?


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/05】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
貞潔なる潜行
信じたい、と想うことを数ヶ月前から始めた。
無数の嘘と嘲笑と白眼をかいくぐって、漏れ出た幽かな白光こそが「信じたい」と欲する対象なのだろうと、それこそを否定するこの胸に深々と根を張る多勢を押し退け、掴もうと、泳ぎ方も知らぬのに、蛇行しながらも、弾き戻されながら、海底に叩き付けられながら、嵐のような汐を、どす黒い敵対者達を、掻き分け、ばたつき、進めたかどうかも、わからぬのだ。

空が遠い。
疲れ果て、底に寝そべっても、恐怖しか想わせない影たちが泳ぎ回り、冷たい陽を撫で、やはりこの身を休ませてくれない、痛め付ける、泥が舞い上がり、体は僅かばかりであろうか、浮き、流され、世界の中心にまで否定される、揺らめきにすら戦慄き微笑む眼であっても、喜ばせてはならない。

俺はまた、敵対者に無頓着でいることを強要された。掻き消さず、突き崩さず、失神させることも許されぬ。むしろ、できれば、否、愛せ、でなければこの海はその海とあの海となるだろうと宣告された、この遊泳者は、条件を突き付けられたという新たな絶望のなか、進むことを、強要された。
海の名は、ただひとつでなければならない。そう、我が理想は、怒れる海に利用されることにいま、活きるのだ。

不穏だ。どこまでも不穏が切迫する。胸は、ぽん、くちゅ、と小さく鳴いて溶け落ちそうだ。躯は、萎縮し、硬直し、軽々しいごく軽い攻撃に震撼せずにいられない。生きながら固い昆虫として死に果ててゆくような心地だ。

シェルターは眠りのなかにこそある、だから眠ろう、すると、夢は夢とはならない、必死に千慮する己を体験する、或いは死ぬために山を登るストーリーから抜け出し、目覚めたとき、まず「死にたい」と想う。

何が誤りであるだろう。この望みか、望むこころ、決して消失点に届くことのない意志、樹海の木々を想わせる動機、鎮座し、厳かに立ち上がったかと想えば神速で組み変わる観念、望みを持つこともしなかった、しかし裏切りによって反語的に望まれてしまった過去、愛...愛、愛?

いっそ、浮上すれば、木々の囁きの懐かしい岸に還れば、望みを放棄すれば、何かそれらしそうに想えた真理らしいそれ、を、どこにもそんなものはなかったと恍け顔で掴み損ねたなら、安逸の語らいが戻るのだろうか。

どこだ、どこが俺の生だ。

答えは、肉という肉を食い千切られたあと、ほんのひとつ中手骨に落とされる真理であればいい。肉は、いくらでも増殖する、気を遣るな。骨は紛失せねばいいだけのことだ。精神の座も、どんな激震に遭おうと所詮は一過性の厄災だ、永くはかからない、死者が多く出たとしても生者は戻る、そう、かつてない逞しさの生者達が!

俺は、止めない、諦めない。神仏に、砂粒に、念じることもいい、意味も価値も無用だ、ただそこに辿り着ければ!


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
...postscript

Theme: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/02】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(2)
「黒」


先日、知り合いの書家宅にお邪魔したとき、戯れに、書いてきました。
習字から離れてすぐに10年が経ちますが、何度か、思い立って書いては書展や学祭に出品したりしていました。
必ず特選か特別賞を貰えるのは、密やかな誇りです。
また出展するのも面白いかもしれません。


ランキングオンライン

記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

Theme: art・芸術・美術 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/10/02】 | Calligraphy/Sketches | 書画 | trackback(0) | comment(3)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。