スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
性の人間性について
男性的筋肉と女性的贅肉を求めるのは全く動物的だ.
人間に則しカスタマイズされた動物的本能が求め,刺激を受け,興奮し,その準備をし,果たすという一連の動物的目的が為の過程を,動物的に無批判の内にドライブさせているに過ぎない.
人は社会性と科学技術を発展させたおかげで,自由で平和な時間を余りに長く得た.人は脆弱であっていいし,エネルギーを節約しなくてもいい.暇になったら死にたくなるくらい,騒乱と浪費が似合う人間が何十年も生き長らえる.一生のうちに何個も新個体を遺すわけではないが,強烈な快感は毎日でも味わって何ら問題はなく,できればそうしたい.かくして人は性を主張する肌を出来るだけ露出させる殆ど無毛の身体を得,五感で満足する性行為を実現すべく肉と性感を進化させ,年中欲情できるという余りにも性的な本能を獲得した.

人間は,この性に惑うとき罪悪感を覚え,これに対する解答を宗教が用意し,肯定的であれば性行為のなかに神聖さすら見出し,否定的であれば欲望そのものから排除する訓練をこなす,というようなことになる.性の人間性は,ここにある.
動物的を悦ぶパートナーとなら,動物性を生きれば日々強い快楽を得ることもできるだろう.相手も回数もなるべく多いのがいい.もしパートナーが不足すれば,途端に深い苦悩に悶えるだろうが.
人間的を悦ぶパートナーとなら,例え不足したとしても,解決策に辿り着くまでに深く思索することはあっても深刻に患うことはなく,また,ある種の倫理的破壊を犯すことも防げるだろう.また,性と直接に関係のない領域と密接に関連させることによって,動物的方法では知り得なかった悦びに至ることも可能となる.
性を,あらゆる重要な仕事と同じように,人間的能力を最大限に用いて考察し実行していくこと.性を邪悪と考えないのであれば,性を肉の支配のなかに留めておかず,最高の性的充足を求めるのもいい.



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
スポンサーサイト

Theme: 哲学 - Genre: 学問・文化・芸術

【2006/06/23】 | Essays | エッセイ | trackback(0) | comment(1)
哲学の得た自由について
主張させた表情以外に滓しか持たぬあらゆる物事を置き,抜き去り,飛翔してゆく,そういう解釈もできる生き生きとした個の在り方を,愛のなかに見出せ.
眼が振動をやめれば光波を処理できないように,連続する最高の快楽がやがて無感覚となるように,外界との関係を排除するところに人格を失う自己であるように,停止は死の前に,無関係にある,最も恐れるべき,無の愛人,もっと正しくいうならば,彼等二者はアンドロギュノスの両面であるのだ.
活とは生,静止と停止の,また,座すことと座せる場を探し腰を浮かべることの違いを知れ.
知る,騒乱を要さない君は美しく在ることもできようが,知らぬならば,振り回される幽体と,腐敗を待つ肉体が熱を求めるだけだ.
せめて,どこかに,在れ.
意識を過信するな.現時点に於いて最高点であるものが可能的存在の最上である筈がない.大脳新皮質の薄さ,限界を見窄らしい人類に設定してやるな.考える己は疑い得ない,それがどうした,逆上せ上がるな.哲学は哲学だ,折角与えられ,物心のついたその脳を,“考える”場に限定し,終始させる輩がいるなど,馬鹿げている.起点は,更に“人間”に即したものでなければならない.
結局人間がやることなど,環境に依存せざるを得ぬのだ.自らの周りに不可避的に蔓延する科学の影響を免れた哲学がある筈がない.後生の哲学者がDNAをどうして否定し得ようか.思想は,私のみがあるという夢想を許さない時代に来ている.
未来では過去のように,また現代のようにデカルトが理解される筈もない.科学によって明らかにされたならその時点で古典となった哲学に固執する建設的意義はない.それをやりたい者達もいるのはいいし,それに任せていればいい.哲学は明らかにされていない命題を哲学していればいい.
我々は最早,未来を,また過去を見詰めることを恐れる理由を持たない.科学は哲学を圧死させるのではない.科学は,その賛美されるべき発見・進歩によって哲学をまたひとつ自由にしてくれたのだ.
哲学は科学と一層親密な友となってよい筈だ.
いま,我々が先進的を恐れる理由がどこにある?



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]

Theme: 哲学 - Genre: 学問・文化・芸術

【2006/06/23】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(1)
蛇口
リストカットに代表される幼い精神に多い一群の自傷行為は,歪んだ自慰行為でしかないと考えるので肯定はしない.

どうしても,どうにかして,自愛の要求でも混乱の圧搾でもなく,自らに痕を遺す決定的損傷を与えたいと切望した,前例は,ない.
順応する血肉の彷徨う無常の世でありながら,取り返しの付かない,自己の宿る肉体を罰する他の相応しい敬虔の見当たらない過ち,というのは,ある.

掠め飛ぶ力を,葦の身から理解すべきだ.
接近するだけで危機は生じる.通り抜けるとき,それと連れ立って去れたと考えるのは甘い.
性向を信じるな.
他者が沈み込むより,疑わしい自己に真摯な集中照明を向けろ.
同時に,世界に無責任であれ.
擦れ違いも同居もするな.
人を見るな,カオスを見詰めろ.
実現可能性に向き合い,現象の前に立て.
個体と愛すべき人を同視するな.
力に皮膚を脱出させるな.
座と肉の不当な連鎖を断て.
利用できる脳は眼の奥にある(レンズと“視覚”を混同するな).
眼も顔も背も脳ではない,神経支配の末端に過ぎない.
不可視の,また抽象の場を生きろ.
動物らしい挙動の選択を誤るな.
【2006/06/19】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
ムーブメントについての一考察
物的或いは心的なものは知的活動の作業可能域に有らぬのであれば、人にとって存在せぬと言える。
故に、人々に共有され、往来され続けるものでなければ“失われ”る迄に、何の力も、さしたる時間も要さない。
理解されない文章、発見されない書物、しまわれた日記…そういった全ての仕事・人物が、人との儚い繋がりのなかで存在を許され、ロストする。
ムーブメントは、教育から創造まで、あらゆる知的活動の基盤となる。
愛や尊敬は、一個のみでは創造性なき暴力に堕すことも多い。
規範的であるとは言え、ムーブメントは流動的であらざるを得ぬ。特殊の普遍的形式―人々の前に存在し続ける―としての共有と蓄積、これが特殊の多様性を許容し、また拡大・進歩させることに大役を担う。
人々に長らく忘れ去られていたという意味での“再発見”は、人類の、怠慢による悲劇だ。
【2006/06/16】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。