スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
未完の鎮魂歌 或いは 生者たるべき者
締付ける無人の,
朧朧と樺色灯る
講堂奥の一段高い燦めき,
淀みたゆたう彼岸から
弦楽従え管楽師が
彩る門の開く迄,
地獄の駻馬が如く殊勝に
打ち鳴らされたその後で
葬送の賛歌は産声を上げる.

「醒めよ」
我は誰ぞ,
―噫乎,死ぬるとは祝福の
生の躍動に充ち満ちた賛美―
「謳えよ」
我は来たれり,
―我が憂う遺された命など
生に幾許も在ろうか―
「革めよ」
我は然らば,
彼の地へ逝かん.

屹立する主人を仰いだ
豊潤な歌声の泉が凪いで
光芒を纏い顕れる歌姫.
一々存否の遍在を忘れ,
二者を一にして全とする
絹を撫づが如き静謐に酔い痴れる.

美しきかな―
待てよ,
我は何者と境を分ち合って居る,
入るべき寂は此処に隠顕しようか,
無い,
この華麗の只中に,
我こそを清めるであろう寂滅は,
断片すら.

言下,
胎動を萌した脳裏をつんざく
噴き出す間歇泉が如き斉唱.

「唱えよ」
我は―
「死者よ」
我は―
「永遠なれ」
生者なり.

道破に凍餓した楽隊は,
暴疾に逆回転を始め,
狂瀾と化したレクイエムは,
含み顔のプリマをも巻き,
絢爛たる劇場ごと,
我が脳髄にたくし込まれた.



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
追記 第二稿
スポンサーサイト

Theme: - Genre: 小説・文学

【2006/05/04】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
<<玄晟.掲示板について. | home | 吐露>>
Comment
Comment on this post













trackback
URL
http://kumo.blog1.fc2.com/tb.php/107-5afc6e43
trackback to this post(FC2 blog user)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。