スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
惑うという在り方
人は揺るがぬものに強張り偉大を覚えながら,静止するものに苛立ち蔑視を投げる.
余りに速く正しければどこまで突き抜けてしまうのかと戦慄,遅く理不尽であれば安堵し,先回りして道でも砕いてやるかと芯から弛む.
人は惑う
どの姿にも恐るべき敵対者を想像でき,逃れられぬ相克を痛感しながらも理想を描き夢に入らずにいられない.例え沈みがちでなくとも平静は保てず,慰めを常に求め,その良し悪しに生の価値を投影する.
何よりも耐え難いものでなければなんとか生き抜ける.あらゆる微妙な状況を経験に従い恥を忍び処しながら,地を踏み締めることこそないが固く信じる夢心地の肉体へと向かう.錯覚を疑うなど人のすることではないと言わんばかりに強硬に,感情の満足に生の骨組みを取らせるのだ.
スポンサーサイト
【2006/08/10】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(2)
<<幸福感の本能という阻害者 | home | フランス語諺ノート>>
Comment
お久しぶりです.

温かいお言葉ありがとうございます.

詩を書いたつもりはなかったのですが,詩とも取れる日本語を用いているでしょうか.
詩と詩にあらざるものとの境界は,僕の日本語能力に曖昧なのかもしれませんね.詩を書いたつもりが詩想の解釈に過ぎないもののように見えることもあります.

このところ,詩とは何か,殆ど単なるフェイクのような気がしています.こんなもの,芸術でしょうか.
がんばって書いちゃったもの,美辞麗句を駆使した言葉遊び,言語野から視覚野へと刺激してやまないもの,それで一体なんでしょう.
詩には,人間が書く詩として,芸術的を脱せない,芸術にはなれないある種の限界があるようにも思えます.

ところで,先日久し振りに花火大会に行ってきました.大濠公園の,です.きっと御存知,耳タコくらいかもしれませんね.
福岡は何かと味わい深い街だなぁと,赴く度に思います.
そうそう,博多駅地下のカフェにおいしい店がありました.道の中央を割って作られたようなところです.
珈琲もパフェもいい味してましたよ.
【2006/08/20 03:36】 URL | 玄晟(管理人) #5bwaSGmE[edit]
こんばんわ^^
お久しぶりです!

一時、更新が途絶えていましたので少し心配していました。また玄晟の詩が読めることにとっても幸せ。

お忙しいお体と思いますが、時折の更新ホントに楽しみにしています^^
体調を崩すと恐ろしくシンドイ季節ですが
どうかお体にはお気をつけて^^
【2006/08/10 17:53】 URL | 千光 #EBUSheBA[edit]
Comment on this post













trackback
URL
http://kumo.blog1.fc2.com/tb.php/141-e95f2091
trackback to this post(FC2 blog user)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。