スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
理性と異性としての伴侶
理性的、否、理性そのものであろうとするならば、
異性としての伴侶を得ようとする態度と背反せざるを得ない。

愛憎の深まった、心情的振幅の大き過ぎる者たちは、余りに無抵抗・無批判的に肯定し、また余りに独我的・絶対的に否定することを繰り返す。
それは理性の要求する理性的価値を追及する目的からは真逆とすら言え、例えその程度がごく小さなものであっても、理性として不健全な生を送ることとなるのは疑いない。

だが、
人は感情を従えて理性を行使するからこそ、ある静的状況から全く別の生き物と呼び得る程に大きく変容することができ、その意味で、愛憎に代表されるバイアスには、理性を携えたまま心のままに軽々と未来を飛び越えてゆける人間にとっては、二つ目の生を代価として良いほどの価値がある。

さて、人と交わるに際して、何故“理性的に”異性としての伴侶を選ぶのか。
そういったとき人は理性そのものではないからだ。理性の要求も満たさなければ、理性を重んじる自分を、理性的判断を落ち着かせることができない。だから理性の声も、理性が働く時間には出来る限り聞こうとするし、聞かなければならない。だが、そういった人間にはそのとき必ず理性を屈伏させ、超越する心情的バイアスが働く。それが理性を程々に働かせたところで眠りにつけるから、心地良く、理性を裏切る、大きな理性的誤りを犯す。だが、彼は幸福である。理性より彼を正しさのなかで昂揚させるものを、彼は既に得ているからだ。
スポンサーサイト
【2007/08/28】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
<<絶対なるもの 永遠なるもの | home | 東京灼ケ>>
Comment
Comment on this post













trackback
URL
http://kumo.blog1.fc2.com/tb.php/182-6c414758
trackback to this post(FC2 blog user)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。