スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
続・理想主義の悪弊
君は己の不幸を嘆くことに解決を求めすぎる。
君は隠蔽し、欺瞞し、錯誤し、忘却し、そうした己を罰することにかけては優秀だが、人も己も、先に見えるのは常に死だ。
君は君の悪徳によって、生の胎動を潰えさせることにかけてこそ、プロフェッショナルなのだ。

君は常に脅えている。脅えに脅え、やはり今日も己を、人を、百度は裏切った。
それでも甘美なる躍動は止まることを知らない。
君は、愛と悲しみの揺り籠にごろついて居られるのなら、どの世界がどんなに崩壊していこうといい、夢見心地に還れる。
あらゆる罪は、悲しみとして吸収され、揺り籠はまた甘く揺らぐ。

君は、今日も咽び泣く。
君はその瞬間まさに物語の主人公、世界の支配者なのだ。
あらゆる事象は君の巧みなナイフ捌きによってカッティングされ、ひらひらと舞う怒れる男や、微笑みを絶やさない何かと言えば抱きつきたがる彼が取り巻く。コントロールを失った彼らの頭がぶつかれば鐘を突いたかのように心地よい音色が響き、突如現れた眼光の鋭い男が今にも世界の終わりを宣告しそうな唇を戦慄かせ、ばくばくと弾ける心臓が破裂する寸前、闇が訪れる。そこは現実だ。

君は溢れ出る死臭を覆い隠すため、今日も香しい園に出掛けてゆく。



君はまだ美しさを知らない。
ほんの小さな勇気すら持てない君に、美しさが芽生える筈もない。
君は、グロテスクだ。捻れすぎて、芯らしい芯がない。
いま、君の身体は箱に過ぎず、君の精神は点の散乱に過ぎない。
君の肌に触れたとして、その肌は誰の肌なのか見失いがちなのだ。
身体には君が宿るべきであって、精神は如何様に複雑であっても統制が行き届いているべきだ。

君は君の知性を洗い直す必要がある。
君は何を求めているのであったか、何を求められているのであったか。
現実はどの様に立ち現れ、理想とする現実とは何であったか。
理想はここには無いと知れ。
事実に抗わず、理想を演ずることを憎み、理想を目指せ。

便利な愛に満足するな。
君の自己愛は常に君を不埒な理想主義者に仕立てようと誘惑する。
愛された自覚があるのなら、真っ先に己を恥じろ。
君は、他者を君の幻術のなかに誘惑し、君のために、お粗末な張りぼてを愛させたのだ。
君が愛されたことを喜んで善いのは、君を、例え不格好で矮小な存在の君だとしても、そのままに表現し、愛されたときだ。
君に向けられるその他の全ての愛は、見当違いの彼方に向かう紛い物だ。
少なくとも本来の、ありのままの君に対する愛ではない。
恐れるな。
君を既に見破り、君の出鱈目な衣を剥いで、君に到達したいと欲し、尚かつ君を愛する者があるなら、君が求めてきた愛は間近に迫っていると言っていい。

君の理想は、君の勇気が実現させる。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
今回は各論的に、女性の、特に愛憎に関する心理に迫って書いてみました。該当しない方も大勢いらっしゃることとは思いますが、この記事に勇気付けられる方は少なからずいらっしゃるはずです。

「理想主義の悪弊」というテーマで、いくらでも書ける気がします。
書くって、面白いですね。今更ながら、思います。

僕はあまりにも個人的な文章ばかりを書いてきましたから、こうした人様の為を思って書くものに...飢えていた、と言えるかもしれません。
友人と会話しながら、彼らの悩みを聞き、アドバイスすることがしばしばあります。僕はそういうことが好きなのです。

昔、孤独な人間達を癒やすことが出来れば、と、その解決の手立てを、当時熱中していた演劇に求めたことがあります。
僕は高校生でしたが、社会人を集めて、劇団を立ち上げ、脚本の構想を練ったりしていたものです。これは異性間のトラブルにより破綻しましたが。
並行して進めていたインターネット上の詩人さん達の団体は、演劇と違って日常的に時間に縛られず身体を触れ合うこともなく続けられたので、経済的な事情により幕引きとなるまでは、そこそこ盛況でしたね。
詩に関係ない話もよくしていました。悩み相談含めて。ジョークが大半だったような気もしますが(文章で如何に笑わせることができるか競っているようなところがありました)。
"フェティッシュ"Keiさん、今頃どうしているかなぁ...ないとは思いますが、もしこの記事を読まれたなら、ご一報下さい。
スポンサーサイト

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/12】 | Japanese Poetry | 哲学/思想詩 | trackback(0) | comment(0)
<<「有り触れた詩」の考察としての詩論 | home | ホームレス>>
Comment
Comment on this post













trackback
URL
http://kumo.blog1.fc2.com/tb.php/36-fbe6767e
trackback to this post(FC2 blog user)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。