スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
憂鬱なる対話者への手記
我々は批判精神を働かせては、それでも私を愛せよと、中途で仕事を切り上げて、対話者として許容せぬなら悪であるという条件付きで批評者としての役割を投げる。
我々の対話が続く限りは、たとえ急所を串刺しにする絶望的な言葉が、反語的な美しさで滔々と弁ぜられようとも、必ずある絶対的肯定が絆となって我々を酷寒の淵から救い出す。
我々は、対話者であるという自覚を得たときから、その言行も思考も完全なる孤立を許さなくなっている。
一方の世界は他方に射影され、他方の世界に一方の存在は編み込まれ、一方は正に他方の一部として分離不可能となっている。
一方の手が他方の肩に噛み付く塵を払おうとすれば、他方は痛みを予感して全身、特に頬あたりを緊張させながら、抱擁を期待して胸を高鳴らせる。
我々はあの完全だったひとつの存在を理想とすることはできない。だが、我々は、ふたつの孤絶した存在でありながら、ある境界を忘れ去り、ひとつの繋がった存在となってゆくことができる。

君が私の言葉を恐れないように、私は君の絶望を恐れない。
我々が対話者であることを受容したのなら、我々はそういった恐れにおいて自由であるべきだ。
だが勘違いするな、私は君との対話を放棄し君の存在を度外視することを厭わないのではない。
私は常に君と語らうことを志向し、表現される君と、それを観察し分析する己自身とを考え合わせ、私の役割と言行を判断する。
ときには、君はこの批評者に惑わされないまま踏み込んだその淵を更に進むべきだ、と判断し、ここから語られるべき言葉を見出す時期を待っているということもある。
君はここで孤独に帰着すべきではない、君は見守られた自由のなかにいるのだ。


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
スポンサーサイト

Theme: 愛と生 - Genre: 学問・文化・芸術

【2005/09/16】 | Philosophy | 哲学 | trackback(0) | comment(0)
<<ジャズ/ワールド 簡約データベース(アルファベット順) | home | 「有り触れた詩」の考察としての詩論>>
Comment
Comment on this post













trackback
URL
http://kumo.blog1.fc2.com/tb.php/38-5b84b997
trackback to this post(FC2 blog user)
玄晟.


Training and the experiment on various creative activities with Philosophical/Thought Poetry at the top. 哲学/思想詩を筆頭に創造的諸活動の訓練及び実験を。

Author

玄晟
  • Name:玄晟 (Genjou)
  • Male. Twenties.

    No Love, No Creation.

    O Cosmos, the motherless space
    That contains the whole of art and nature.
    My spirit settles down into an abyss with you.
    In the time, named the first half of love,
    This tranquil chaos is shining all around and
    Losing all the darkness.

    O Cosmos, now you and I become half sides of the creator.
    The universe undulates and gives me a love.
    The mortal overtakes the point of the wave and returns you a creation.

    O Cosmos, we are going to the end of the creation.
    We know when our world ends, but are affectionate to the fate.
    Let us create precious matter with existing partners until that time,
    Over and over.
..............................................




..............................................

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Contents List

RSS Feeds

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends

文芸Webサーチ

餅搗きしねぇのかい

兎が居りゃ,可愛がるが定石か.否々,こねくり回さにゃ嘘だろう.

貧困と命

ほっとけない 世界のまずしさ

セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体

ブログランキング

読者様の眼に触れる機会を増やすため,参加しています. 定期的に訪れて下さったり,コメントを下さる読者様の存在は,ブログを更新し続けていく上で欠かせません.

各サイトとも,一日一クリックまでINカウントとして計上されます.ご協力をお願いします.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。